2009年2月27日金曜日

株式会社キャッチボール設立

新甚さんからニュースリリースをいただいたので僭越ながら紹介させていただきます。
キャッチボールさんは、「コンテンツをPRする」という切り口でビジネスを展開していくそうです。
インタラクティブコンテンツ企画制作会社である株式会バスキュール(東京都港区、代表朴正義、以下バスキュール)は新甚智志と共同で株式会社キャッチボール(以下キャッチボール)を設立します。
ブログやSNSをはじめとしたソーシャルメディアの発展により、特定のメディア以上に、特定のコンテンツ自信が集客力を持つケースが増え、コンテンツを軸としたコミュニケーションが注目を集めています。
キャッチボールでは、代表である新甚がバイラルキャンペーンに携わってきた数多くの知見に、バスキュールのインタラクティブコンテンツ企画制作のノウハウを融合し、「広告メッセージのコンテンツパッケージ化=ネタ作り」から「そのパッケージの流通ルートの確保と最適化」までトータルコーディネートします。
これにより、コンテンツを軸に生活者との絆を築く、企業新しいコミュニケーション活動に貢献します。

■キャッチボール概要
商号:株式会社キャッチボール
所在地:東京都港区西新橋3-15-12 ケミカルビル6F
資本金:500万円
経営陣:代表取締役 新甚智志 / 取締役 田中謙一郎(バスキュール取締役)
主なサービス内容:
・バイラル/バズ/クチコミキャンペーンの企画設計
・ソーシャルメディア領域における戦略的PRのプランニング・リレーション活動
・ソーシャルメディア関連広告のメディアプランニング
・コンテンツコンサルティング・制作
(ニュースリリースより)
これからは絶対的にソーシャルメディア、ソーシャル広告というものの重要性が高まってくるように思います。このような新しい分野のコミュニケーション開発、とても期待が大です。
キャッチボールさんには、ぜひ最前線で新しい流れをつくっていってもらいたいものです。

2 件のコメント:

4n2n さんのコメント...

ご紹介いただきまして光栄に存じます。
新しい領域へのチャレンジとなりますが、頑張っていきたいと思います。

comelive さんのコメント...

>4n2nさん
いえいえ、このようなブログでよければいくらでも紹介しますよw
これから、新しいコミュニケーションをどんどん切り開いていってください。