2008年7月26日土曜日

Googleの実名百科事典サイト「Knol」

Googleは23日、同社が2007年12月以来社内でテストしていた百科事典サイト「Knol」を一般に公開したと発表した(日本語版は未発表)。これは、実名版Wikipediaとでも言えそうだ。

WikipediaとKnolの最大の違いは、著者がその記事の全内容に関しての責任を負うか追わないかという点である。これにより記事の信頼性が向上するのだろうか。

不特定多数の集合知と、専門性の高い特定少数の集合知、どちらに軍配があがるのだろうか。また、逆に二つは共存関係を築く可能性はあるのか。
どちらにせよ、注目していきたい事柄である。

http://knol.google.com/

2 件のコメント:

minorugged さんのコメント...

誰かが両者のマッシュアップを作ってそれが普及するに一票

comelive さんのコメント...

>minoruggedさん
なるほど。良いとこどりって感じですね。